GO TOKYO

フォローする

苦手克服、最強のチームに 新体操・杉本早裕吏
スポーツ再興

2020/5/24 20:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「自分を見つめ直す時間」と捉えて個々の技量向上に目を向ける。

――新型コロナウイルスの影響で3月から試合が中止となる中、東京五輪用の高難度の演技構成は整いつつあった。

「体の基礎練習を徹底したり、技や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ブノワHC(左)の信念と言葉に導かれ、脇本は世界トップクラスへ駆け上がった(More CADENCE提供)

 6月に和歌山競輪場で行われた高松宮記念杯は、脇本雄太(31、日本競輪選手会)の独壇場だった。トップ選手がそろうG1の全4レースを圧勝。通算賞金は6億円を超えた。デビュー13年目で突出した成績を出せる …続き (8/8)

自転車トラック種目世界選手権の男子ケイリン決勝で2位に入った脇本雄太(中央)。右は優勝したオランダのラブレイセン(2月、ベルリン)=共同共同

 自転車トラック短距離のケイリンは日本発祥でありながら、五輪で金メダルを獲得した日本選手はまだいない。スピードと駆け引きが魅力の花形レースで脇本雄太(31、日本競輪選手会)は今、世界の頂点に最も近い選 …続き (8/8)

紅白戦でサーブを打つ高橋(奥)。2月、今年の代表登録選手に高校生で唯一選ばれた(日本バレーボール協会提供)日本バレーボール協会提供


 2021年夏の東京五輪に向けて再始動したバレーボール男子日本代表で、期待の新星が早くも存在感を示している。1月の全日本高校選手権(春高バレー)を制した京都・東山高出身のアタッカー、高橋藍(らん、日体 …続き (8/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]