GO TOKYO

フォローする

苦手克服、最強のチームに 新体操・杉本早裕吏
スポーツ再興

2020/5/24 20:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「自分を見つめ直す時間」と捉えて個々の技量向上に目を向ける。

――新型コロナウイルスの影響で3月から試合が中止となる中、東京五輪用の高難度の演技構成は整いつつあった。

「体の基礎練習を徹底したり、技や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
低酸素状態でトレーニングを行う競泳の中村克(9月30日、東京都江東区)

 東京五輪・パラリンピックをめざすアスリートたちが、少しずつ練習や試合といった「日常」を取り戻しつつある。ただ、海外渡航制限や感染リスクはなお立ちはだかり、コロナ前と全く同じとはいかない。そんな中でも …続き (10/8)

男子高飛び込み決勝で1位になった玉井陸斗の6回目の演技=代表撮影代表撮影

 連覇が決まると、玉井は張り詰めていた糸が切れたようにほほ笑んだ。「最高でした」。決勝は自己ベスト、それも2016年リオデジャネイロ五輪銅メダル相当の高得点。国内大会と国際大会の得点を単純比較はできな …続き (9/27)

優勝した玉井陸斗=代表撮影・共同代表撮影・共同


 シニア2年目にして、試合での戦い方を知り尽くしているかのようだった。ライバルたちが次々崩れていく中、玉井は大きなミスなく6演技をまとめきり、2位に40点以上の大差をつけて圧勝。昨年の高飛び込みに続く …続き (9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]