/

この記事は会員限定です

苦手克服、最強のチームに 新体操・杉本早裕吏

スポーツ再興

[有料会員限定]

年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「自分を見つめ直す時間」と捉えて個々の技量向上に目を向ける。

――新型コロナウイルスの影響で3月から試合が中止となる中、東京五輪用の高難度の演技構成は整いつつあった。

「体の基礎練習を徹底したり、技や同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン