洋上風力のプロ育て、JERAがプロジェクト

2020/5/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資するJERAは日本で洋上風力に参入する。可児行夫副社長は日本経済新聞社の取材に、台湾で育成した人材を日本で投入していきたい考えを示した。国内の洋上風力は丸紅や東北電力などが既に大型計画を掲げており、JERAも体制の整備を急ぐ。

JERAは3月に台湾の洋上風力事業「フォルモサ3」への参画を決めた。出力は約200万キロワットと世界最大級で、総事業費は1兆円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]