「パクス・シニカ」の誘い

風見鶏
古川 英治
政治
中国・台湾
ヨーロッパ
中東・アフリカ
編集委員
2020/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの封じ込めは民主国家よりも、強権を発動しやすい権威主義国家のほうが有利。当初こんな見方があった。「ウイルスに勝利した」と吹聴する中国以外を見ると、ロシアの感染者数がトップの米国に次ぐ30万人超、イランやトルコもそれぞれ13万人や15万人超に膨らみ、強権が成功したとはいえない。コロナ後もにらみ「民主対強権」の議論は続く。

武力行使も辞さない「強さ」が売りのロシアのプーチン政権。対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]