大阪府、23日の新規感染ゼロ モデル運用一部見直し

新型コロナ
関西
大阪
2020/5/23 19:07 (2020/5/23 21:30更新)
保存
共有
印刷
その他

大阪府は23日、新型コロナウイルスの新たな感染者が0人だったと発表した。感染を調べる「PCR検査」(陰性確認を除く)は456人分実施し、再陽性1人が判明した。府内では14日以降、10日連続で新規の感染が3人以下にとどまっている。死者は0人だった。

府は休業を再要請する際の独自の基準「大阪モデル」を定め、基準の達成状況を「赤色」「黄色」「緑色」の3色の信号で毎日公表している。23日は3つの基準をいずれも満たした。

府は23日、大阪モデルの運用方法を一部見直すと発表した。3つの基準のうち、感染経路不明者の7日間の平均値について「前週比が1倍以上」(前週と比べて同じか増加)という基準を上回った場合でも、ほかの2つの基準が下回れば緑色のままとする。

同モデルは、感染状況が悪化して休業要請をかける際の判断基準として、(1)感染経路不明者数の前週比が1倍以上(2)感染経路不明者数が5~10人以上(3)PCR検査の陽性率が7%以上――という3つの基準(いずれも7日間の平均値)を設定。

これまで1~2つの基準を上回れば、緑色から黄色へ変更する運用だったが、感染状況が落ち着いている状況では数値基準と実態が合わないと判断した。府によると、24日に新規感染者のうち感染経路不明者が0人となった場合でも基準を上回るという。

吉村洋文知事は22日、「新規の感染経路不明者が数名でも黄色に変わるのは明らかに実態と異なる。ランプの付け方は修正しながら進めていきたい」と述べていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]