香港の国家安全法に懸念 英豪カナダ外相

中国・台湾
ヨーロッパ
2020/5/23 2:06
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】中国の全国人民代表大会(全人代)で、香港での国家安全維持の法律に関する議案が提案されたことを巡り、英国、オーストラリア、カナダの3外相が22日、共同声明を発表、香港の立法府や人々が直接参加しない形で法律を導入すれば「一国二制度の原則を明らかに損なう」ことになると主張、深い懸念を表明した。

香港理工大学の周辺で警官隊に
物を投げつけるデモ隊(19年11月)=ロイター

声明は、英国から中国への返還に伴い、返還後も一国二制度の下で香港に高度な自治を認めた中英共同宣言にも言及。個人や報道機関、集会などの権利や自由が守られるべきだと指摘した。

これに先立ち、ジョンソン英首相の報道官は22日、「香港の権利や自由、高度自治を尊重」するよう中国側に改めて呼び掛けた。ロイター通信が伝えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]