北電「ゼンリョク」のシェア奪還、9年ぶりプラスに

2020/5/25 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道電力が電力の小売販売で巻き返しに出ている。2016年4月の全面自由化後は新電力にシェアを奪われる一方だった北電だが、19年度の販売電力量は2010年度以来9年ぶりのプラスに転じた。柔軟な料金やサービスでローラー作戦を展開し、新電力から北電に乗り換える大口顧客が相次いでいる。

北電の19年度の電力販売量は前年度比4%増の237億キロワット時。藤井裕社長は「お客様と個々の契約でできるだけ要望に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]