リチウムイオン電池に成長託す 東芝が新型で攻勢

2020/5/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝はリチウムイオン2次電池の市場を本格開拓する。このほど安全性の高い新型製品を開発。すでに自動車や鉄道、船舶などで相次ぎ採用され始めており、こうした実績をもとに受注拡大を目指す。国内外で新工場の稼働も予定するなど増産体制も整えた。成長分野の育成が課題になるなか、電池事業もその一つとして、2030年には売上高が4000億円規模の事業に育てる方針だ。

東芝が開発したリチウムイオン2次電池「SCiB…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]