コロナ減産が下請け翻弄 東大阪、受注見通し白紙に

地域総合
関西
大阪
2020/5/22 21:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる減産が広がるなか、中小の町工場が集積する大阪府東大阪市の下請けメーカーが元請けの急な生産計画の変更に頭を悩ませている。正式な注文の数カ月前に数量見通しを示す「内示注文」に合わせて原材料などを調達していたら、突然、大幅カットになるケースが相次いでいる。こうした事態は他の地域でも起きており、中小企業庁も注視している。

大型連休が明けて間もない5月中旬。ある鉄工所の社長は目を疑…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]