/

埼玉県内の商業施設再開、そごうは23日から時短営業

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って臨時休業していた埼玉県内の商業施設が相次ぎ営業再開に動き出した。23日からそごうの大宮店、川口店などが婦人服売り場などの営業を始める。通常より営業時間を短縮し、来店客にマスク着用やソーシャルディスタンスの確保を促すなど、感染防止策を徹底する。

そごう大宮店は23日から婦人服売り場などの営業を再開する

そごう大宮店(さいたま市)は4月8日から食料品売り場を除いて臨時休業していた。23日から高級ブランドなど一部売り場以外の全フロアで営業を再開する。営業時間は午前10時から午後6時までで、通常より2時間縮める。9階のレストラン街は午前11時から午後8時まで営業する。

そごう川口店(川口市)も営業範囲を広げ、午前11時から午後7時まで営業する。西武所沢S.C.(所沢市)は午前10時~午後6時に営業。各店舗の出入り口には消毒液を置く。大型催事やイベントは中止する。

フィンランド童話のムーミンや北欧の世界観が体験できるテーマパーク「メッツァ」内の商業施設「メッツァビレッジ」(飯能市)は22日から2時間短縮して営業を再開した。

アトラクションや展示施設が集まる「ムーミンバレーパーク」は、感染状況を見極めた上で再開を判断する。

浦和コルソ(さいたま市)はすでに18日に一部を除き全館で営業を再開した。入り口に警備員が立ち、来店客にマスク着用を呼び掛けるなどの感染防止策を講じる。

県内の他の大型商業施設も再開へ準備を急ぐ。「イオンレイクタウン」(埼玉県越谷市)や県内のイオンモールは28日から、時短営業での再開を予定する。大宮アルシェ(さいたま市)は6月1日の再開を目指し、準備を進める。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン