遠隔授業と学習履歴 データ活用の仕組み整備を
安浦寛人・九州大学副学長

大学
社会・くらし
2020/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学を中心にオンライン授業が急速に広がっている。九州大学の安浦寛人副学長(情報工学)は、この機に学習履歴データを収集・活用する仕組みを整えることが重要だと指摘する。

新型コロナウイルス対策としてのキャンパス閉鎖を受け、多くの大学がオンライン(遠隔)授業を始めている。まずはその円滑な実施と内容充実が急務だろう。しかし、遠隔授業はこの緊急事態での学びの保障にとどまらず、教育全体に新たな地平をひらく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]