/

研究者や社員がZoomで交流 北陸先端大

北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市)は22日、ビデオ会議システム「Zoom」を使用して、大学の研究者や企業の社員らが交流できるサービスを始めると発表した。事前に日時を予約をしておけば、その時に参加したメンバーで自由に会話ができる。新型コロナウイルスの感染を防ぎながら、課題やアイデアを共有して産学連携のきっかけをつくる。

北陸先端大はオンラインでの交流機会を増やす(石川県能美市)

新たに開設するオンラインのオープンスペース「インジャイストオンライン」は、大学の研究者やフリーランス、民間の社員など幅広い人が参加できる。

参加希望者が専用のホームページから名前や所属、連絡先などを送ると、Zoomにアクセスするためのパスワードなどが送付される仕組みだ。北陸先端大は「知的交流からアフターコロナのための発想を得る試みとしたい」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン