3県鉱工業生産、3月は2・4%低下 判断も下方修正

経済
北陸
富山
石川
福井
2020/5/22 19:30
保存
共有
印刷
その他

中部経済産業局が22日に発表した北陸3県の3月の鉱工業生産指数(2015年=100)は91.3(速報値、季節調整済み)と前月比2.4%低下した。新型コロナウイルスの影響が幅広い業種に広がっているとして、生産の判断は「弱い動きとなっている」と5カ月ぶりに下方修正した。

業種別では繊維工業が3.5%の低下だった。暖冬に新型コロナの影響が重なり衣類の需要が低迷し、生地加工の引き合いも弱まった。電子部品・デバイス工業は0.9%低下した。一部のスマートフォン向けを除くと弱い動きが続いている。

医薬品が不振だった化学工業は3%の低下。生産用機械工業は0.2%の上昇だったが「受注残は減っているとの声が企業から上がってきている」(同局の担当者)。アルミサッシなどが伸びて6.8%上昇した金属製品工業も前年同月比でみると10.3%の低下と、需要の弱い状況が続いている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]