奈良県、コロナ対応病床を縮小 PCR検査対象を拡大

関西
奈良
2020/5/22 19:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

奈良県は22日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、新規感染者と入院患者が減っていることを受け、コロナ対応病床を一部縮小し、通常医療を再開するなど医療態勢を見直す方針を決めた。一方、2次感染防止のため、PCR検査の対象を拡大する。

県によると、新型コロナの入院患者用に確保している病床数は318床、うち重症病床数は18床ある。入院患者は22日現在で6人と減少し、病床占有率も1.9%にとどま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]