/

鹿児島県、51億円補正 宿泊券やプレミアム商品券

鹿児島県は22日、新型コロナウイルス感染症で落ち込んだ経済対策などとして総額51億2900万円の補正予算案を発表した。歳入のうち50億1700万円が国庫支出金となる。補正後の一般会計の総額は8498億9700万円。

観光分野では県民向けに最大1人1万円の宿泊券を計4万人分、代金を最大1万円助成した県内バス旅行の割引商品を3000人分提供。飲食店向けなどにはプレミアム商品券を発行するほか、スマホアプリを使って割引クーポンも発行する。国の経済対策に合わせて県外客の誘客のため、5000円相当のプレゼントを2万人分用意するほか、タクシー・レンタカーの割引も実施する。

県ではこうした経済対策を実施する条件として感染者数など3項目で独自の基準を設定。満たされない場合には対策を停止する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン