ラグビー

元ラグビー日本代表・大野引退「やり残したことない」

2020/5/22 18:29
保存
共有
印刷
その他

元ラグビー日本代表で史上最多98キャップを持つ大野均(東芝)が22日、インターネット上で引退会見をした。日本のFWの中核として体を張ってきた大野は「『灰になってもまだ燃える』が信条だが、膝の痛みの回復が見られなかった。ワールドカップ(W杯)での日本の躍進や東芝の若い選手の台頭を頼もしく感じ、やり残したことはないと感じた」と語った。

インターネットで引退会見を開いたラグビー元日本代表の大野均=東芝提供・共同

インターネットで引退会見を開いたラグビー元日本代表の大野均=東芝提供・共同

2004年に代表デビューしW杯3大会に出場。15年の南アフリカ戦の金星にも貢献した。献身性が特長で、エディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチから特例で合宿中の飲酒を許されるなど豪放な性格も愛された。

42歳までピッチに立てた理由を問われると「大学からラグビーを始めて下手くそな中、何でチームに貢献できるかと考えたらシンプルに走ることと激しさだった。パスやキックも上手なら何をするか迷って、長く現役を続けられたか分からない」と答えた。今後は未定だが「自分にしかできない道でラグビー界に貢献したい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのトップリーグ、パナソニックは25日、イングランド代表45キャップのロック、ジョージ・クルーズ(30)とウェールズ代表29キャップのCTBハドレー・パークス(32)が加入すると発表した。それ …続き (25日 11:14)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは23日、オーストラリア国内で7月に計画されている大会への参加で障害となっている入国制限について、オーストラリア協会が同国政府と交渉を続けていること …続き (23日 18:27)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの渡瀬裕司最高経営責任者(CEO)は22日、チームの解散の正式決定を1週間遅らせると明らかにした。渡瀬CEOは今季の残り試合への参加が難しくなったと …続き (22日 19:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]