デサント、中国合弁への出資比率1割引き上げへ

2020/5/22 17:52
保存
共有
印刷
その他

スポーツ用品のデサントは22日、中国で「デサント」ブランドを展開する合弁会社デサントチャイナへの出資比率を1割引き上げる協議を進めていると発表した。6月にも現在30%の出資比率を40%に引き上げる契約の締結を目指す。持ち分法適用会社に変わりはない。デサントは中国でのブランド展開を加速している。

デサントチャイナは2016年設立。中国スポーツ用品大手の安踏体育用品(ANTA)子会社が6割、デサントの子会社が3割、伊藤忠商事の子会社が1割を出資している。22日、オンラインで決算会見をした小関秀一社長は「これまで以上に経営に深く関与して、注力する中国市場の売り上げを拡大したい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]