/

改正外弁法が成立 仲裁代理人の要件緩和 海外実務「1年以上」に

外国の弁護士が日本で国際仲裁事件を扱う要件を緩める改正外国人弁護士特別措置法(外弁法)が22日、参院先議のため衆院本会議で成立した。グローバル企業の紛争で仲裁代理人を務める外国法事務弁護士の資格要件について、海外実務の期間を現行の2年から「1年以上」に短縮するのが柱だ。参加できる紛争の範囲も広げる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン