官房長官、習氏来日へ「これから意思疎通」
中国機関報道官は期待

習政権
政治
中国・台湾
2020/5/22 19:19
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は22日の記者会見で、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓としての来日を再調整する意向を示した。「日中間で意思疎通をこれからはかっていきたい」と述べた。

日中両政府は新型コロナウイルスの感染拡大のため、4月に予定していた習氏の来日を当面延期すると決めた。菅氏は「地域、国際社会が直面する課題に共に責任を果たすことを内外に示す機会とする考えに変わりはない」と話した。

中国の国政助言機関である全国政治協商会議(政協)の郭衛民報道官は20日の記者会見で、習氏の訪問実現に期待を示した。「中日双方とも最も適切な時期と環境、雰囲気で訪問し、無事成功させる必要があると考えている」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]