雇用の改善遅れに懸念 みずほ総合研究所・三浦祐介氏

中国全人代
中国・台湾
2020/5/22 17:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほ総合研究所・三浦祐介主任研究員 例年打ち出している年間の経済成長率の数値目標を出さなかったのは妥当な判断だ。新型コロナウイルスは世界的に拡大し、流行の第2波も懸念されるなど先行きの不確実性が高いためだ。

2020年の国内総生産(GDP)を10年比で倍増させるという目標は実現が難しくなった。国内の貧困を撲滅することで、ややゆとりのある「小康社会」の実現を目指すことになるだろう。

新型コロナで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]