/

エプロン+腕カバー=簡易防護服 大分の包材会社開発

レジ袋加工などの協和包材(大分市)は簡易型の医療用防護服を、6月から本格生産する。新型コロナウイルスの感染拡大で防護服の品切れが続いていることを受け開発した。エプロン部分と腕カバー部分に分かれ、併せて着ると長袖エプロンと同じように使える。袋を加工する既存設備で生産できるのが特徴。当面は受注生産とし、合わせて日産5千~6千枚を視野に入れる。

腕カバー部分は両肩と両腕を覆う(試作品)

透明なフィルムを使った試作品は大学などから改善の指摘を受けた。それを踏まえて量産品は着色フィルムを用い、袖口も開きすぎない加工をする。30枚入りの税別価格はエプロンが900円、腕カバーが600円。首の後ろを引っ張るとミシン目で切れ、表面に触れずに丸めて捨てられる。医療現場や介護施設、宿泊施設、食品工場などでの利用を想定している。

エプロン部分は前身を覆う(試作品)

河野洋介専務は「ホームページでエプロンと腕カバーの図面を公開している。全国の袋製造業者に知ってもらい、防護服不足の緩和につながれば」と話している。同社は1959年に創業し、大分市内に工場を持っている。

組み合わせると長袖エプロンのように使える(試作品)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン