肥後銀行頭取「企業支援、今後は資本性資金の供給に」
コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

2020/5/22 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの緊急事態宣言は多くの府県で解除となり、感染症対策は新たな段階に入りつつある。金融機関はこれまで、影響を受けた事業者が事業を続けられるよう運転資金などの融資に力を入れてきた。肥後銀行の笠原慶久頭取は借り入れがこのまま膨らめば事業者の資本が毀損しかねず、これからは例えば官民が連携し、資本性資金の供給が必要になるとの考えを示す。

――取引先などへの支援状況はどうですか。

「県内で感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]