進化する健康経営(6) 一貫性のある取り組みを
武蔵大学教授 森永雄太

やさしい経済学
2020/5/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ウェルビーイングに注目した経営を実践するために、企業はどのような取り組みを推進すればよいのでしょうか。ウェルビーイングは仕事やプライベートの充実度、健康状態など様々な要因の影響を受けて変動します。安全衛生の施策の充実は重要ですが、それだけではありません。

米国心理学会の研究機関は毎年、生産性向上とともに、従業員の健康やウェルビーイング増進に積極的に取り組む米国とカナダの組織を表彰しています。そこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]