病気から立ち直り、女性アスリート指導法を研究
日本体育大学教授・須永美歌子さん

2020/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

女性が健康を保ちながらスポーツを楽しめる社会にしたい――。日本体育大で運動生理学の研究をしながら常に意識している目標だ。論文や学会の発表にとどまらず、2018年には学生や保護者向けに「女性アスリートの教科書」を出版。啓発にも力を入れる。

キャリアの出発点は走り幅跳びに打ち込んでいた大学2年生の夏にある。合宿で体調不良を感じ、病院で医師から原因不明の慢性腎炎と告げられる。中学時代に1センチ刻みで記…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]