マレリ、専業メーカーと組み人工呼吸器を月4千台生産

2020/5/22 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車部品大手のマレリは、埼玉県内の自社工場で人工呼吸器の生産を始める。同県内の専業メーカーと共同で、月4千台の生産を目指す。自動車向けの電子部品をつくる自社の生産設備を活用し、人工呼吸器を組み立てる。ホンダが飛沫感染から顔を防ぐ「フェースシールド」を生産するなど、新型コロナウイルスで需要の高まる製品をつくる動きが自動車業界でも広がっている。

マレリは児玉工場(埼玉県本庄市)で人工呼吸器を生産す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]