フィリピンの翼、国の支援望み薄で苦境深まる

2020/5/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスが大手財閥傘下にあるフィリピンの航空業界を直撃している。苦境に陥っているのは世界各国同じだが、"ナショナル・フラッグ・キャリア"が事実上ないフィリピンは政府による支援は見込めない。特にLTグループの系列のフィリピン航空はかねて赤字続きで経営体制も揺れていただけに危機的状況に陥りかねない。再編の俎上(そじょう)に載る可能性もありそうだ。

「航空業界は存亡の危機にある。貿易や観光な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]