/

コロナ禍のアスリート 「新たな気づき」を大切に

田中ウルヴェ京さんに聞く

新型コロナウイルス感染拡大により、大会の中止・延期が相次ぐなど、スポーツ界は多くの問題に直面している。経験したことのない状況が続く中、アスリートはどのように過ごせばいいのか。1988年ソウル五輪シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)銅メダリストで、多くのトップ選手を指導するスポーツメンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京さんに聞いた。

田中ウルヴェ京さんは多くのトップアスリートのメンタルサポートを行っている

――東京五輪・パラリンピックの1年延期は選手の心理面にどのような影響を与えていますか。

「一概に、この状況がアスリートにとってマイナスだという表現はできません。ベテランや若手選手、受け止め方は人それぞれでしょう。ただ、どの選手にも共通するストレスは『不確実性』。一応時期は決まっているけれど、来夏に大会が本当に開催されるのかが分からない。どこの施設がいつから使えるのかとか、日々の練習環境が整っていないこともストレスになっています」

――身体面にも影響が及んでいるのでしょうか。

「私が見ているのはオリパラを目指すトップアスリートが中心ですが、食事が1週間以上ほとんど喉を通らない選手がいれば、睡眠を取れていない選手もいます。円形脱毛症を訴えたり、コロナではないですが感染症にかかったりしているケースもあります」

施設が使えず、練習環境が整わないことはアスリートにとって大きなストレスだ(東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター)=共同

――どのようなアドバイスをされていますか。

「新しい気づきになるための情報を提供しています。例えば、『モチベーションがない』と相談してきた選手には、『あなたにとってモチベーションとはどういう意味か』と細かく聞き続けていく。すると、『モチベーションなんてなくても日々のトレーニングを続けている自分は、べつにこのままでいいんですね』と選手が自分で整理していくことも多いです」

「人生にとって大事なことを悩める時間でもあります。これだけきつい時期だから、といって自動的に心が折れて立ち直れなくなるのではありません。きつい時期だからこそ、自分と向き合うと、多面的な見方に気づきクリエーティブな発想が見つかることもあります。『そもそも何のための競技か』という根本の話をすることもあります。ある世界王者の著名選手は、『そもそもなんでこの競技をやっているのか、と考え込んでしまう。でも、今まで人のため、とメディアの前で言っていたのは自己陶酔にすぎなかった。この状況じゃないと得られない気づきだった』と話しました。激しい感情の起伏の中で、自分と向き合っている選手は多いです」

最悪の事態も想定した準備を

「東京大会の中止という最悪のシナリオをも想定することを伝えています。最悪の事態も想定内にする心の準備は、試合中のゲームプランをたてることと同じです。そうすると目標という言葉の意味も変わる。『2024年パリ五輪を目指します』と言ったベテラン選手もいます。『来年に大会があろうとなかろうと、きょうやるべきことは限られているので、それを必ずやるのは当たり前』という表現をした選手もいました」

――弱音や不安をなかなか吐き出せない選手も多いと思います。サポート態勢はどうあるべきでしょうか。

「自分も選手時代にそうでしたが、選手は言葉のキャッチボールにおける相手の受け取り方を観察していると思います。私に対してもそうです。本当の悩みを言っていい相手なのか、理解してもらえるのか、その判断はとても敏感。『言っても大丈夫だ』となれば本当の悩みの開示はできる。言葉にできれば、選手本人が自己客観視でき、解決できることは多いです。選手は公には本心で前向きな言葉を発しますが、その言葉に到るまでのプロセスで、どれほどの葛藤をしているかは誰にも見えませんし、見せません」

「各競技の指導者から、『(心理の)専門家は欲しいけど、どういう専門家がスポーツ現場の実態を理解してくれるのかわからない』という声を聞きます。心技体の中でも『心』はトレーニング効果が目で見えないからこそ、科学的なアプローチが必要です。理想としては、競技スポーツ環境を知る元選手で、心理学や医学を勉強し、客観的根拠として大学院を修了後、資格を取ったような人を置けるといい。そういう人材はすでに日本にもいますが、資格を持つ専門家はどんなトップアスリートに関わっていても秘匿情報として扱うので、良い人材の表面化が難しいです。現場感と理論を合致させてシンプルに説明できる人材がもっと増えていくことと、スポーツ心理学の奥深さを広めていくことが重要と考えています」

(聞き手は堀部遥)

 たなか・ウルヴェ・みやこ 1967年、東京都生まれ。88年ソウル五輪で小谷実可子さんとデュエットを組み銅メダルを獲得。日本、米国、フランスのシンクロ代表コーチを計10年間歴任。91年に渡米し、米国大学院で修士号取得(専門はスポーツ心理)。日本スポーツ心理学会認定メンタルトレーニング上級指導士。現在はサッカー女子日本代表、車椅子バスケットボール男子日本代表など多くのスポーツ選手のメンタルトレーニングに関わる。国際オリンピック委員会(IOC)マーケティング委員。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン