企業城下町、経済に打撃 コロナで昼間人口減少

地域総合
2020/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が発令された4月、全国の主な「企業城下町」の7割で昼間人口が減っていたことが日本経済新聞の分析でわかった。大手の工場が生産を休止・縮小し、下請け企業の事業活動も連鎖的に縮小。地域全体が停滞し、街中のヒトの流れが減った。緊急事態宣言が解除された地域では経済活動が回復しつつあるが、感染拡大の「第2波」が発生した場合は人影が再び薄れる可能性もある。

全国で緊急事態…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]