都の休業要請、段階的緩和を26日にも開始 行程表を公表

2020/5/22 15:00 (2020/5/22 21:09更新)
保存
共有
印刷
その他

東京都は22日、新型コロナウイルス対策の休業要請を緩和する手順をまとめた行程表「ロードマップ」を公表した。2週間単位をベースにステップ1~3と段階的に対象や内容を緩和する。小池百合子知事は記者会見で、25日に国の緊急事態宣言が解除された場合は「速やかにステップ1に進む」と述べ、翌26日午前0時から緩和を始める考えを示した。

都は国と連携し、感染の再拡大を警戒しながら経済活動の回復を図る。

行程表によると、ステップ1では博物館や図書館などの休業要請を解除する。体育館や野球場は観客席を使用しない条件付きで認める。ステップ2では商業施設や映画館、学習塾など、ステップ3ではネットカフェやゲームセンターなどへの要請を解除する。

現在午後8時までとしている飲食店の営業はステップ1で午後10時、ステップ3で午前0時までとする。感染リスクが高いとされるスナックやライブハウス、スポーツジムの解除はステップ3より後となる見通しだ。

学校はオンライン学習と組み合わせながら登校する人数、日数などを段階的に増やしていく。

新規感染者数などの指標を監視し、一定の目安を超えれば警戒情報「東京アラート」を発して注意喚起する。その後、さらに指標が悪化すれば改めて休業を要請する。

長引く休業や時短営業で経営が逼迫している中小事業者は多く、行程表に沿った対応に協力を得られるかどうかも重要となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]