視界と記憶 写真家 長島有里枝

エッセー
2020/5/28 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ねぇ、メガネがないんだけど一緒に探してくれない? 自室で勉強中のRに、階段の下から声をかける。踏まないようにと念を押したからか、いつもより静かに階段を降りる足音が、ピアノの周りを捜索するわたしを見て、呆(あき)れ半分の声で言う。お母さん、頭の上。え? 慌てて頭に手をやると、確かに眼鏡はそこにあった。

「サザエさん」一家の父、波平のお家芸を、狙いじゃなく自演する日が来るなんて、小学生の自分は想像も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]