/

官房長官、習主席の来日へ「日中間で意思疎通」

記者会見する菅官房長官(22日、首相官邸)

菅義偉官房長官は22日の記者会見で、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓としての来日について再調整する意向を改めて示した。「日中間で意思疎通をこれから図っていきたい」と述べた。

政府は3月、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月に予定していた習氏の来日を当面延期すると発表していた。菅氏は「地域、国際社会が直面する課題に日中が共に責任を果たすことを内外に示す機会とする考えに変わりはない」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン