/

この記事は会員限定です

エクソン対ESGマネー コロナ後占う株主総会(一目均衡)

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

5月27日に開催される米石油大手エクソンモービルの株主総会は、「コロナ後」の資本市場を展望するうえで重要な意味を持つ。

ここ数年のエクソンの株主総会は温暖化防止に関する情報開示や対策をめぐって、ESG(環境・社会・企業統治)重視の投資家が経営に圧力をかける場だった。今年は、英資産運用大手リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)が環境対策の不備などを理由に、ダレン・ウッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1850文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン