手鍋下げても 作家 篠田節子

エッセー
2020/5/26 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

初対面の全裸の男女がサバンナや無人島で、三週間のサバイバルをするという超絶ばかばかしいドキュメンタリー番組があって、毎回、気に入って見ていた。

当たり前だが、過酷な環境下で映画に出てくるようなロマンスなど芽生えるはずもなく、中盤、互いの流儀がぶつかりあって必ず派手な喧嘩(けんか)をする展開も見所(みどころ)の一つで、背後には男女それぞれの背負った文化の差が垣間見えるのが興味深かった。

印象的なエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]