/

[英文]インド製薬大手、新型コロナワクチン開発に参入

インドの製薬大手が相次いで新型コロナウイルスのワクチン開発に乗り出している。大手ワクチンメーカー、セラム・インスティチュート・オブ・インディアは、10月までに臨床試験を始める方針だ。セラムはワクチンの開発に向けて米国のバイオテクノロジー企業や、英オックスフォード大学と提携している。

インドは後発薬の一大生産拠点だが、革新的な新薬の開発競争では出遅れていた。海外企業との提携をテコに、新薬の開発に向けた研究を強化する方針だ。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン