/

この記事は会員限定です

年金改正 長寿時代の選択 繰り下げ「60代後半」有利

[有料会員限定]

国会で審議中の公的・私的年金の改正法案が近く成立する見通しだ。厚生年金や個人型確定拠出年金(イデコ)の増額に向けた選択肢が大きく広がる。長寿化が進む中で個人は改正内容をどう生かせばいいのか。繰り下げ受給開始時期の有利さの違いや、改正法の施行時期、誤解しがちな点をまとめた。

1カ月繰り下げ、月0.7%増額

公的年金は原則の65歳から受給開始を遅らせるほど増額される。現在は70歳までだが2022年4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン