年金改正 長寿時代の選択 繰り下げ「60代後半」有利

田村 正之
年金
iDeCo
編集委員
備える
2020/5/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国会で審議中の公的・私的年金の改正法案が近く成立する見通しだ。厚生年金や個人型確定拠出年金(イデコ)の増額に向けた選択肢が大きく広がる。長寿化が進む中で個人は改正内容をどう生かせばいいのか。繰り下げ受給開始時期の有利さの違いや、改正法の施行時期、誤解しがちな点をまとめた。

■1カ月繰り下げ、月0.7%増額

公的年金は原則の65歳から受給開始を遅らせるほど増額される。現在は70歳までだが2022年4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]