東京ムーブメント

フォローする

五輪開催可否、10月にも判断 IOCのコーツ調整委員長

Tokyo2020
南西ア・オセアニア
2020/5/22 10:32
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け1年延期された同大会について、開催可否を判断するのに10月が重要なタイミングになるとの考えを示した。豪紙「オーストラリアン」が21日、報じた。コーツ氏は大会の再延期はしないとも述べた。

コーツ氏は開催可否の判断は10月が重要なタイミングになると表明した(2019年11月、シドニーで開いた記者会見)

コーツ氏は開催可否の判断は10月が重要なタイミングになると表明した(2019年11月、シドニーで開いた記者会見)

同紙を発行するニューズ・コープ・オーストラリアの会議に出席して発言した。

同紙によると、コーツ氏は「五輪は21年にのみ開催される。再延期はできない」と明言。今年3月に延期を決めたことについては、決定が遅れたことを後悔していると述べた。21年の五輪開催可否の検討は10月が重要なタイミングになるとの見通しを示した。また、「(五輪が開幕予定の21年7月時点で)ワクチンがない、仮にあったとしても、世界中に行き渡らない事態も想定すべきだ」と指摘した。

IOCのバッハ会長は英BBCのインタビューで、ワクチン開発が開催条件になるかどうかについて「(専門家を)信頼し、助言に基づいて適切な時期に適切な判断をしなければならない」と話すにとどめ、明言はしていない。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
田中ウルヴェ京さんは多くのトップアスリートのメンタルサポートを行っている

 新型コロナウイルス感染拡大により、大会の中止・延期が相次ぐなど、スポーツ界は多くの問題に直面している。経験したことのない状況が続く中、アスリートはどのように過ごせばいいのか。1988年ソウル五輪シン …続き (5/24)

ナショナルトレーニングセンターが閉鎖されるなど、練習場所を失い不安を抱えている選手も多い=共同共同

 練習拠点の閉鎖に、相次ぐ大会中止の報……。新型コロナウイルスの影響がスポーツ界全体にも大きく広がるなか、心の不調を訴えるアスリートが増えている。各競技団体は専門家と連携して対策を急ぐが、選手のリアル …続き (5/23)

WADAのバンカ委員長は「アンチ・ドーピング活動に求められるのはさらなるイノベーションだ」と検査手法の研究を急ぐ=ロイターロイター

 新型コロナウイルスの感染拡大が禁止薬物使用を取り締まるアンチ・ドーピング活動を直撃している。世界中で都市封鎖(ロックダウン)や移動制限措置が取られ、検査員がアスリートの自宅などを訪問する「抜き打ち検 …続き (5/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]