東京ムーブメント

フォローする

五輪開催可否、10月にも判断 IOCのコーツ調整委員長

2020/5/22 10:32
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け1年延期された同大会について、開催可否を判断するのに10月が重要なタイミングになるとの考えを示した。豪紙「オーストラリアン」が21日、報じた。コーツ氏は大会の再延期はしないとも述べた。

コーツ氏は開催可否の判断は10月が重要なタイミングになると表明した(2019年11月、シドニーで開いた記者会見)

コーツ氏は開催可否の判断は10月が重要なタイミングになると表明した(2019年11月、シドニーで開いた記者会見)

同紙を発行するニューズ・コープ・オーストラリアの会議に出席して発言した。

同紙によると、コーツ氏は「五輪は21年にのみ開催される。再延期はできない」と明言。今年3月に延期を決めたことについては、決定が遅れたことを後悔していると述べた。21年の五輪開催可否の検討は10月が重要なタイミングになるとの見通しを示した。また、「(五輪が開幕予定の21年7月時点で)ワクチンがない、仮にあったとしても、世界中に行き渡らない事態も想定すべきだ」と指摘した。

IOCのバッハ会長は英BBCのインタビューで、ワクチン開発が開催条件になるかどうかについて「(専門家を)信頼し、助言に基づいて適切な時期に適切な判断をしなければならない」と話すにとどめ、明言はしていない。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
住友ゴム工業のテニスボールは多くの国際大会で使われている(2019年、全豪オープンの大坂なおみ選手)=ロイターロイター


 東京五輪・パラリンピックの開催を待つのはアスリートだけではない。ボールなどの競技用備品も「黒子」として大会を彩る。重さや反発力などのわずかな違いが、試合の趨勢を左右する。極めて安定した品質が求められ …続き (7/11)

五輪代表監督兼任の継続が決まった森保監督=共同共同

 日本サッカー協会は9日の理事会で、日本代表の森保一監督(51)が東京五輪男子代表チームの監督を兼ねる現体制を継続することを決めた。五輪大会中は森保監督が指揮を執る。ただし来年の3月や6月などフル代表 …続き (7/10)

東京大会の競技会場は幕張メッセなど都内外に43カ所ある(写真は千葉市の幕張メッセ)

 来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックをめぐり、今年に開催した場合に使用を予定していた全ての競技会場が来年も使用できる見通しとなったことが9日までに、関係者への取材で分かった。五輪の競技日程は、 …続き (7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]