ラグビー

サンウルブズ解散へ、コロナで試合参加できず

2020/5/21 22:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズが今月末で解散することになった。渡瀬裕司最高経営責任者(CEO)が21日、明らかにした。サンウルブズは今年限りでSRから除外されるが、今季の残り試合も新型コロナウイルスの感染拡大で参戦できないことが決まったため。チームの運営法人は当面存続し、来季以降に何らかの形での試合開催を目指すとみられる。

SRはコロナの影響で3月半ばから中断しており、日本が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのトップリーグ、パナソニックは25日、イングランド代表45キャップのロック、ジョージ・クルーズ(30)とウェールズ代表29キャップのCTBハドレー・パークス(32)が加入すると発表した。それ …続き (25日 11:14)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは23日、オーストラリア国内で7月に計画されている大会への参加で障害となっている入国制限について、オーストラリア協会が同国政府と交渉を続けていること …続き (23日 18:27)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの渡瀬裕司最高経営責任者(CEO)は22日、チームの解散の正式決定を1週間遅らせると明らかにした。渡瀬CEOは今季の残り試合への参加が難しくなったと …続き (22日 19:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]