/

この記事は会員限定です

疲れ果てた観客に笑いを 映画監督 山田洋次氏

「以前」「以後」で分かれる現代 コロナと創作(8)

[有料会員限定]

新作「キネマの神様」の撮影中に、主演俳優の志村けんが新型コロナウイルスによる肺炎のために帰らぬ人となった。

「運命みたいなものを感じた。ぼくは渥美清という喜劇人と最後まで仕事ができた。志村さんは彼に次ぐ喜劇人であるのに、まだ主演映画がない。ぼくは思い切り笑える作品にしたかったのに」

「志村さんは民衆的な目線で仕事をしていた。渥美さんと似ていた。貧しい人、地位の低い人の側に立ち、偉い人を笑いとばす」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン