滋賀県、県内への外出自粛緩和せず 3府県緊急事態解除も

2020/5/21 20:51
保存
共有
印刷
その他

外出自粛要請の継続を表明する滋賀県の三日月大造知事(21日、滋賀県庁)

外出自粛要請の継続を表明する滋賀県の三日月大造知事(21日、滋賀県庁)

大阪、京都、兵庫の3府県が緊急事態宣言を解除されたことを受けて、滋賀県の三日月大造知事は21日夜に記者会見を開き、県内への外出自粛要請などを緩和しないと表明した。「近隣府県の感染が一定の落ち着きをみせたことは好ましい」としたが、県独自の状況判断は引き続き「警戒ステージ」にあるとした。

県境を越えた移動や大規模イベントの開催、県外からの利用者が多い琵琶湖岸駐車場の閉鎖も31日まで継続する。

滋賀県は緊急事態宣言の解除を受けた14日に、県内の感染状況を特別警戒・警戒・注意の3段階で示す独自基準を公表した。判定に使う4つの指標のうち、病床稼働率と人工呼吸器稼働率はすでに基準以下にある。大阪・京都の解除は今回クリアしたものの、経路不明の新規陽性者の14日連続ゼロを満たしていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]