「在宅勤務」で孤独感 社員ケア支援広がる

2020/5/21 20:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が続くなか、メンタルヘルス対策を支援するサービスが広がっている。コミュニケーション不足が従業員らの孤独感や不安を増しているとして、自らストレスチェックができる機会やカウンセリング窓口を用意する。コロナ禍における心のケアは世界的な課題となっており、今後は需要が高まりそうだ。

「ゆううつになっていないか」「困ったときに上司や友人はどのくらい頼りになるか」――。テレワ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]