/

この記事は会員限定です

山口・島根の7市町圏域で求心力を 山口市の渡辺市長

[有料会員限定]

山口市など山口県内の6市と島根県津和野町は2017年度から山口県央連携都市圏域(通称は山口ゆめ回廊)を形成し、広域連携に取り組む。21年度に周遊型の博覧会「山口ゆめ回廊博覧会」を開く計画だ。連携の意義や成果について山口市の渡辺純忠市長に聞いた。(「日経グローカル」386号に詳報)

――連携の成果は。

「当初、施策の方向として、圏域の経済成長のけん引、高次の都市機能の集積、圏域の生活関連機能サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン