/

信大発ベンチャー、高機能布マスクを発売

信州大学発ベンチャーのナフィアス(長野県上田市)は、機能性布マスクを開発し販売を始めた。布地に高い微粒子捕集性能をもつフィルターをつけ、ウイルスなどの遮断効果を高めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴いマスクの需要は増加しており、高機能マスクの発売で新規顧客の開拓につなげる。

商品名は「ヌノテクトマスク」。布地は肌触りが良いレーヨン素材を使用。触れるとひんやりする特徴があり、夏場でも使いやすいように仕上げた。フィルターは信大と共同開発したナノファイバー素材「ナフィアス」を活用。髪の毛の400分の1の微細な繊維で、ウイルスを含む微粒子捕集率は99%と高い機能性をもつ。

価格は布マスク2枚とフィルター40枚で6000円。電子商取引(EC)サイトのアマゾンで販売する。フィルターは使い捨てを推奨しており、6月末以降にはフィルター単体の販売も予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン