/

この記事は会員限定です

「脱ハンコ」コロナで機運 在宅勤務推進の妨げに

[有料会員限定]

 新型コロナウイルスの感染拡大で日本独特のハンコ文化を変える機運が高まってきた。感染を防ぐために在宅勤務を進めても書類へ押印するために出社を余儀なくされるケースが相次ぐためだ。20年前から始まった電子政府の取り組みが進まない一因もハンコとされる。日本社会に根付くハンコはどこに由来するのか。

「テレワークの推進に向けて、押印や書面提出などの制度・慣行の見直しを順次実行してほしい」。安倍晋三首相は4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2135文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン