/

この記事は会員限定です

老いる家、かさむコスト 屋根・外壁・給排水管…

人生100年お金の知恵(7)

[有料会員限定]

都内で一人暮らしをしていた年金生活の女性(84)は昨年末、急病で病院へ搬送された。医師に「在宅療養は無理」とされ、そのまま介護施設へ移った。月30万円弱の介護施設費に加えて、思わぬ負担は都心にある持ち家のマンション。管理費や修繕積立金などで月10万円近くを払う。体の自由がきかない今となっては売却も難しいという。

戸建て、築15年超から相次ぐ修繕

高齢者世帯の持ち家比率は8割を超える。ただし住む人が年齢を重ねれば家も老朽化し、修繕な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン