[社説]辞任では済まない黒川検事長の振る舞い

社説
2020/5/21 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

重大かつ複雑、困難な事件の捜査・公判に対応するため。こんな理由をつけ、政府が法解釈を変えてまで定年を延長し職にとどめた東京高検の黒川弘務検事長が、突然、辞任することになった。

東京都内の新聞記者の自宅で今月、2回にわたり記者らと賭けマージャンをした疑いを週刊文春が報じ、その責任をとるという。黒川氏は法務省に賭けマージャンの事実を認め、辞表を提出した。

黒川氏の行動には、何重にも問題がある。法の番…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]