/

JR水郡線、7月4日に袋田まで再開

JR東日本水戸支社は21日、2019年10月の台風19号の被害で一部区間の運休が続くJR水郡線について、西金―袋田間を7月4日に運転再開すると発表した。残る不通区間は、河川の氾濫で橋が流出した袋田―常陸大子間となる。21年夏ごろの全線再開をめざして、復旧工事を進めている。

袋田駅は観光名所である袋田の滝の最寄り駅で、1日の乗降客数は約150人。袋田駅はバス停まで距離があるため、全線再開までは1つ手前の上小川駅から常陸大子駅まで代行バスを運行する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン