/

この記事は会員限定です

特許制限に副作用大きく コロナ薬で技術共用進む

[有料会員限定]

5月19日に閉幕した世界保健機関(WHO)総会は、各国で開発が進む新型コロナ感染症の治療薬やワクチンの公平な利用に向けて国際的な協調を目指す決議文を採択した。開発企業の特許制限を視野に入れていると読み取れる文言もあったが、「あくまで『自発的』な取り組みを重視したところにポイントがある」と専門家はWHOの真意を解説する。技術を共用して公正な価格での十分な供給を宣言する開発プロジェクトが複数進むなど、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1812文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン