しずおか焼津信金、東南アへの進出支援に力

2020/5/21 19:00
保存
共有
印刷
その他

しずおか焼津信用金庫(静岡市)は、東南アジアを中心に取引先の海外進出支援を強化する。外国人の採用支援を手掛けるワンテラス(東京・千代田)と、海外でのM&A(合併・買収)を支援するサードフォース(東京・港)の2社と業務提携した。取引先への支援の幅を広げる。

ワンテラスはベトナムやミャンマーに現地法人を持ち、海外の大卒エンジニアの直接採用を得意としている。機械や電気分野などで専門的な技術や知識を持った人材の獲得を手助けする。

サードフォースは東南アジアの企業を中心としたM&Aを支援し、販路の調査や通訳も手掛ける。海外でのM&Aを通じ販路開拓などに生かす。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]