黒川検事長が辞表提出 法相が首相に報告

2020/5/21 17:47 (2020/5/22 0:43更新)
保存
共有
印刷
その他

自宅を出る東京高検の黒川弘務検事長(21日、東京都目黒区)

自宅を出る東京高検の黒川弘務検事長(21日、東京都目黒区)

森雅子法相は21日、東京高検の黒川弘務検事長が辞表を提出したと明らかにした。新聞記者らと賭けマージャンをした事実を認めたという。首相官邸で安倍晋三首相に報告後、記者団に述べた。「誠に不適切であり遺憾だ」とも語った。(「黒川検事長が辞表 政府高官、総長の監督責任言及」参照)

黒川氏の処分については訓告とした。政府は22日の閣議で辞任を承認する見通しだ。

週刊文春の報道によると、黒川氏が5月初めに産経新聞社の記者2人と朝日新聞社の元記者の社員の4人で賭けマージャンをした疑いがある。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で東京都が外出自粛を呼びかけていた時期にあたる。

法務省が黒川氏に聞き取り調査していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]